• 会社概要
  • お電話でのお問合わせは 0120-53-5873
  • 無料相談、お見積りはコチラ
  • スタッフ募集 詳細を見る

  • リフォームの見積書のチェックポイントは?確認すべき項目をご紹介

    2020
    02/14

    リフォーム前に必ずとりたいのが見積書です。見積書は、工事内容や料金を確認するためにとります。見積書をとる流れは次の通りです。

    1.気になる業者へ見積もりを依頼
    2.業者が現地調査などを行う
    3.業者へ要望などを伝える(打ち合わせ)
    4.現地調査・要望を踏まえ業者がリフォームプランと見積書を作成
    5.見積書を受け取る

    ※具体的な流れはケースで異なることがあります。

    リフォームの見積書には、必ず確認したいポイントがたくさんあります。具体的には、単価・作成日・商品名・面積・時間・諸経費・合計金額・有効期限などを確認しなければなりません。これらの確認を怠ると、希望していたリフォームにならなかった、思っていたより費用がかかったなどのトラブルに発展する恐れがあります。

    心配な方は、本ページを参考にしてください。注意するべき点を解説しているので、安心してリフォームを進められるはずです。

    単価

    まずは「単価」を確認してください。 費用関連の項目は間違えやすい箇所であるため、信頼できる業者が作成したものであっても必ず確認する必要があります。 事前に話で聞いていた金額と相違ないか、1円単位で確認しなければなりません。「これくらいならいいか……」と、指摘せずに放置してしまうと、思わぬトラブルに陥る場合があります。

    作成日

    見積書を何度も作成している場合は、受け取るたびに「作成日」を確認してください。

    いつ作成したものなのか、いつの時点での見積もりなのかなどが分からないと確認しようがありません。 必ず作成日を確認し、見積もり内容と照らし合わせてみてください。

    商品名

    希望する商品の名前が正しく記載されているかを確認しましょう。

    また、商品名だけではなく、メーカーや品番も確認しておくことで、お互いの認識のずれを防ぐことができます。 業者側が間違える可能性もあるため、「自分が希望した商品かどうか」をしっかりと確認しておきましょう。

    面積や時間など

    最も間違いが多いのが、リフォームを行う面積や時間といった「数量関連の項目」です。 事前に受け取っていたプラン内容と照らし合わせて、間違いはないかをチェックする必要があります。 悪質な業者の中には、数量を水増しして、高額な費用を請求するケースがあるため、流し読み程度での確認は好ましくありません。

    諸経費の割合

    見落としがちな項目ではありますが「諸経費」の割合についても確認しておきましょう。 諸経費が総工事費の何割になっているのか、という点を確認しておくことで無駄な出費を防ぐことができます。

    一般的に、諸経費は総工事費の15%前後であるため、実際に受け取った見積書と差は無いかを確認しましょう。また、仮に諸経費が総工事費の15%を大きく上回るようであれば、詳しい内訳を確認してみてください。

    合計金額

    全ての費用を含めたときの合計金額を確認しましょう。 「以前聞いていた話と違う」といったことが無いかを確かめておかないと、業者とトラブルになってしまう可能性があります。

    また、税金の額についてもチェックするのを忘れないようにしましょう。

    有効期限

    見積書は必ずしも無期限というわけではありません。業者によっては有効期限を設けているため、受け取った見積書の期限が切れていないかを確認しておきましょう。

    また、万が一有効期限が切れている場合は、最新版を作成し直してもらうことが大切です。

    リフォームの良い見積書の見分け方

    一般的に、良い見積書を作成する業者は信頼できると考えられています。

    どのような見積書であれば良いといえるのでしょうか。良い見積書を見分けるポイントを解説します。

    部屋別の明細が記載されている

    良い見積書の条件といえるのが、部屋別の明細があることです。部屋別の明細があれば、どの部屋の何にいくらくらいの費用がかかるかわかります。よって、リフォーム工事全体をマネジメントしやすくなります。依頼者のことを考えて作成しているので、良い見積書といえます。

    摘要欄に商品名などが記載されている

    同じく、良い見積書の条件といえるのが、摘要欄の記載が詳細であることです。

    具体的には、使用する商品の名称や仕様、寸法、補修費用などが記載されていれば良い見積書といえます。良い見積書といえる理由は、リフォーム費用の根拠が明らかになるからです。ごまかしがきかないので、良い見積書といえます。

    リフォームを依頼するなら「株式会社Cornus」

    当社は、リフォームを専門にサービス提供する会社です。 お客様にご満足いただけるリフォームを行うべく、社員一同誠意をもって対応させていただきます。 詳しくはぜひショールームへ足をお運びください。お見積もりだけのご相談も可能です。

コーナスからのお知らせ

コーナスからのお知らせ


青葉の森キッチンスタジオスケジュール