• 会社概要
  • お電話でのお問合わせは 0120-53-5873
  • ホームプロ表彰2019
  • スタッフ募集 詳細を見る

  • 予算1000万円で一戸建てをどこまでリフォームできるのか?

    2020
    06/09

    リフォーム工事の予算で1,000万円以上となるとき、どのようなリフォームができるか気になる方は多いでしょう。1,000万円以上の予算であれば、マンションでも戸建てでもフルリフォームが検討できます。今回は、1,000万円以上の予算ではどのようなリフォームが可能なのか、具体的にご紹介していきます。これから大規模リフォームを検討している方はぜひ参考にしてください。

     

    1,000万円以上でどんなリフォームができるの?

    1,000万円以上の予算があるリフォームでは、生活スタイルを変えるような大規模なリフォームを検討することができます。

     

    大規模リフォームとは、具体的な事例では子育てが終わり夫婦だけの暮らしを見据えて、寝室を1階に新設したり、車椅子でも動きやすいオープンなリビング・ダイニング・キッチンに間取りを大きく変えたりすることも可能です。

     

    新築当初は子育てが中心だった暮らしでも、子供が独立すれば個室は使う機会が減り、物置のようになってしまいっているご家庭も少なくないでしょう。2階建て以上の戸建てなら、老後の生活スタイルを考えると、寝室などへ行くために毎日の階段の上り下りも楽ではなくなるかもしれません。高齢になっても暮らしやすい安心・安全なリフォームが1,000万円の予算ならさまざまな方法で検討できます。

     

    マンションフルリノベーション

    マンションリフォームでは、間取りの変更や住宅設備の入れ替えなどで、より便利に機能的な暮らしが期待できるリフォームがおすすめです。キッチン、ユニットバス、洗面所、トイレなどの水回り全ても施工の範囲に検討できます。

     

    多くのマンションは、細かく個室に仕切られていますが、開放感のある住空間にするために、構造上で問題ない間仕切り壁を取り払い、極力仕切りのないオープンな空間にすることが可能です。また、リビング併設の和室を洋室に作り変えて広くしたり、書斎スペースを作ったりしてもよいでしょう。配管の移動が可能な範囲なら、キッチンなどの水回りの移動もできます。対面キッチンやアイランドキッチンなど、ガラリとイメージが変わるリフォームができるでしょう。

     

    住宅設備のグレードや、使う素材にもよりますが、2LDKから3LDKのマンションに多い70㎡ほどの面積であれば、1,000万円以上の予算でフルリフォームが検討できます。なお、構造・配管の移動に問題がないかは事前に確認しておきましょう。

     

    戸建フルリノベーション

    戸建てのリフォームでは、マンションリフォームと予算の考え方に少し違いがあります。マンションの場合は、外壁に関しては自分が施工を行う範囲のものではありませんが、戸建ての場合は、外壁や屋根など外回りのリフォームも検討する必要があります。

     

    外回りのリフォームは築年数など経年劣化の程度によっても違いますが、永く住み続けるためには、定期的にメンテナンスやリフォームをすることが望ましいでしょう。内装リフォームと一緒に行うことで、施工が一度で完了しますので、費用を抑えることが期待できます。外回りのリフォームをするときは、断熱材や窓のリフォームもおすすめです。住宅性能が向上すれば、室内環境も改善され、暑さ寒さに影響されにくい暮らしにつながります。

     

    また、戸建ての内装のフルリフォームを検討するときは、マンションと同じく構造上問題のない壁や柱を取り払い、ひとつながりのオープンな空間にすることが可能です。2階以上の空間も利用したいということなら、将来的な生活スタイルに備えてホームエレベーターの設置も検討してみましょう。

     

    1,000万円以上の予算がある場合、リフォームで手を掛けられる範囲はかなり広がり、内部空間の壁を取り払うような大規模リフォームも検討できます。メンテナンスも含めた外回りのリフォームも行ったり、将来の生活スタイルを考えてオープンな空間にしたり、廊下を広くするなど、目的を持った計画をすることで失敗のないリフォームが実現するでしょう。弊社では大規模リフォーム案件も多数取り扱っておりますので、ぜひご相談ください。お待ちしております。

コーナスからのお知らせ

コーナスからのお知らせ


青葉の森キッチンスタジオスケジュール