• 会社概要
  • お電話でのお問合わせは 0120-53-5873
  • 無料相談、お見積りはコチラ
  • スタッフ募集 詳細を見る

  • 予算500万円で一戸建てをどこまでリフォームできるのか?

    2020
    06/09

    リフォームを検討している方の中には、予算がおおよそ500万円を想定していて、どのようなリフォームが可能なのか知りたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、500万円の予算で検討できるリフォームについて、どのあたりの範囲が可能なのか詳しくお伝えします。これからリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

     

    500万円くらいでどんなリフォームができるの?

    リフォームの予算が500万円ほどであれば、水回りの入れ替えやリビング・ダイニング周りの模様替え、和室を洋室になどのリフォームが可能です。

     

    キッチン、ユニットバス、洗面所など水回りのリフォームを希望する方は多いのではないでしょうか。水回り設備だけの入れ替えだけでも機能的にはなりますが、キッチンと隣接するダイニングやリビングも合わせてリフォームすることで、室内のイメージもガラリと変わり、満足度の高いリフォームにつながるでしょう。

     

    浴室のリフォームでは、洗面所を一緒にリフォームして脱衣スペースを広くしたり、洗濯物干しのスペースを確保したり、プラスαのリフォームも検討できます。

     

    水まわりの全体リフォーム

    キッチンや浴室などの水回りは、リフォームの中でも検討されている方が多い傾向があります。毎日のように使う場所であることで、より暮らしやすい環境を求める方が多いのではないでしょうか。

     

    予算が500万円の場合、手を掛ける範囲にもよりますが、キッチン本体とセットの食器棚や家電収納などもまとめてリフォームが検討できます。たとえば、壁付けキッチンを対面キッチンに配置換えも、配管を長く移動させるような大掛かりなものでなければ可能になるでしょう。

     

    水回りの住宅設備は使いやすく便利にどんどん進化しています。お掃除しやすい素材が使われていたり、おしゃれなデザインを取り入れられたり、バリエーションも豊富になっています。キッチンであれば、食洗機やIHヒーターなどの採用で、家事の時短にもつながるリフォームが期待できます。また、浴室であれば、保温効果のあるユニットバスに交換することで、お湯が冷めにくく温度差の少ない快適な入浴を実現できるでしょう。狭い脱衣所や洗面台もリフォームでゆとりあるスペースができればより快適ですね。

     

    LDKまるごとリフォーム

    キッチンのリフォームをきっかけに、ダイニング・リビングのお部屋全体のリフォームもおすすめです。対面キッチン、アイランドキッチンなど家族と会話をしながら家事ができ、コミュニケーションの機会がぐんと増えます。まるごとリフォームで、床や壁のイメージをがらりと変え、まるで新築のような空間に生まれ変わることも可能です。

     

    中古住宅購入に伴うリフォーム

    中古住宅を購入した方が500万円の予算で可能なリフォームは、床や壁の張替えや和室を洋室に作り変えるなど、住空間を好みのものに作り変えるリフォームがおすすめです。もちろん、水回りを新しくしたい希望がある場合は、設備の入れ替えも検討してみましょう。

     

    間取りを大きく変える必要がなければ、内装リフォームをすることで、室内の雰囲気はガラリと変わります。床や建具を明るいナチュラルなカラーでまとめたり、ウォールナット色のようにシックなカラーで大人な雰囲気を演出したり、新築のようなリフォームも検討できます。

     

    中古住宅のリフォームでは、自分の暮らし方に合わせて作ることも可能です。寝室の一部に書斎のようなデスクを設置したり、子供部屋には専用のクローゼット収納を作ったり、機能的な使い方ができるリフォームも良いでしょう。

     

     

    今回は、予算が500万円ほどで対応できるリフォームについてご紹介しました。手を掛ける範囲にもよりますが、水回りをまるごとリフォームできたり、リビング・ダイニングとキッチン全体をリフォームできたり、意外と広範囲のリフォームが検討できそうですね。交換する住宅設備のグレードや、内装に使う素材によって費用も変わってきますので、どのくらいのグレードでどのくらいのリフォームが可能なのか専門店のアドバイスをもらいながら理想の住まいを実現しましょう。

コーナスからのお知らせ

コーナスからのお知らせ


青葉の森キッチンスタジオスケジュール