• 会社概要
  • お電話でのお問合わせは 0120-53-5873
  • 無料相談、お見積りはコチラ
  • スタッフ募集 詳細を見る

  • トイレの増設前にチェック!費用相場やリフォームの注意点を詳しく解説

    2020
    02/14

    トイレの増設にあたり、費用や注意点などについて疑問を抱えていらっしゃいませんか? トイレに限らず、リフォームは大きな工事となりますので、しっかりと情報収集し、慎重に検討しなければなりません。

    そこで、本ページではトイレの増設を検討している方に向けて、費用相場や注意点について解説します。 トイレの増設が初めての方は、参考にしてみてください。

     

    トイレの増設前に知っておきたいこと

    トイレの増設にあたり、事前に知っておくべきポイントとして「設置場所」の問題があります。 リフォームでトイレを増設するにあたり、十分なスペースがある場所でないとトイレを設置することができません。

    また、仮に便器をギリギリで設置できるスペースがあったとしても「タンクとは別途で手洗い場を設ける」「収納棚を設ける」などの設備を追加する場合、その分のスペースが不足してしまう場合もあります。 まずは、トイレ増設前に「十分なスペースを確保できるか」をチェックしたうえで、リフォームを検討することが大切です。

     

    トイレを増設できる場所は?

    トイレを増設するために必要になるのが、適度なスペースと水回りの配管です。

    適度なスペースは、平均的なトイレの広さから考えられます。戸建住宅の1階に設置されているトイレの広さは、幅約80㎝×奥行約160㎝、2階に設置されているトイレの広さは幅約80cm×奥行120㎝ほどです。マンションなどに設置されているトイレの広さは、戸建住宅の2階に設置されているトイレとあまり変わらないので、1畳程度のスペースがあればトイレを増設できると考えられます。

     

    次に考えなくてはいけないのが配管です。

    トイレを増設したい場所に配管が通っていない場合は、既存の配管から分岐させることで新設することができます。すべての場所で配管を新設できるわけではありませんが、基本的には必要なスペースを確保できればトイレを増設できると考えられます。

     

    トイレ増設にかかる費用感

    トイレ増設を行うにあたり、発生する費用は50万~100万円が相場と言われています。 トイレ増設にかかる費用の内訳は、下記の通りです。

    施工費(工事、解体など)

    施工費として、壁の解体・設置、電気工事、水道工事、便器の設置などの費用がかかります。おおよその目安は35~50万円程度です。

    便器代

    便器のグレードにより費用は大きく変わります。必要最低限の機能に限定したシンプルグレードのトイレは5万円~、最先端の機能を搭載したハイグレードのトイレは25万円~となっています。

    廃材の処分費用

    取り壊した壁などを処分する費用です。具体的な費用はケースで異なりますが、5~8万円程度かかると考えておくとよいでしょう。

    クロスや壁紙の貼り替え、床の張り替え費用

    内装工事の費用もケースで異なりますが、壁紙の貼り替えに4~6万円程度、床の張り替えの3~5万円程度かかります。

    上記の内訳それぞれに費用が発生するため、トイレ増設リフォームは高額な工事となります。

    また、トイレの設置場所によっては、上記の費用相場よりも高額になる場合があります。例えば、「2階にトイレ増設をする」「ベランダのスペースを活用してトイレを設置する」などの場合は、リフォーム費用が高額になりやすいです。

     

    マンションのトイレ増設リフォームで注意すること

    マンションのトイレ増設リフォームを行うにあたり、いくつか注意点があります。

    複数の業者から見積もりを取って内容を比較する
    予算は明確にしておく
    物件によってはトイレが増設できない場合がある

    マンションのトイレ増設を行う場合、依頼先は一社に絞らず、複数の業者から見積もりを取ってからどこに依頼するかを検討しましょう。 複数の業者の見積もり内容を比較することで、価格の低い業者に相談しやすくなりますし、サービス内容が魅力的な業者を見つけることができます。

    また、予算を明確にしておくことも大切です。漠然とした予算では、想定外の出費などに対応できず、「予算オーバー」となってしまう可能性があります。 なお、マンションの構造によっては、そもそもトイレ増設ができない場合がありますので注意してください。

     

    トイレを増設できない場合

    建物の条件によっては、トイレを増設できないことがあります。どのような場合に増設できないのでしょうか。

    配管の問題

    マンションでトイレを増設しようとすると、配管が問題になることがあります。配管は、横に通る横枝管と縦に通る立管に分かれます。各家庭につながる横菅は専有部ですが、立管は共有部になります。共有部は自由に施工できないので、立管に問題がある場合はトイレを増設できません。

    また横菅と立管の接合部で詰まりが生じないため、配管には一定の傾斜が必要になります。十分な傾斜をとれない場合も、希望する場所にトイレを増設できない恐れがあります。

     

    トイレの増設工事が得意なリフォーム会社を探す方法

    トイレ増設工事が得意なリフォーム会社を探すには、「リフォーム会社紹介サービスの活用」がおすすめです。

    トイレ増設工事に特化している業者や、トイレ増設工事の実績が豊富な業者を紹介してもらえますので、自分の希望に合った業者に相談することができます。

コーナスからのお知らせ

コーナスからのお知らせ


青葉の森キッチンスタジオスケジュール