• 会社概要
  • お電話でのお問合わせは 0120-53-5873
  • 無料相談、お見積りはコチラ
  • スタッフ募集 詳細を見る

  • 和式トイレから洋式トイレへリフォームする費用|具体的な工期も紹介

    2020
    02/14

    昔ながらの和式トイレを、現代的な洋式トイレへリフォームしたいと考えていませんか。洋式トイレへ変更することで、立ち上がりが楽になるなど、さまざまなメリットを得られます。リフォームするにあたり気になるのが費用と工期ですよね。この記事では、和式トイレを洋式トイレへリフォームするために必要な費用、工期などを解説しています。快適なトイレを実現したい方は参考にしてください。

     

    和式トイレから洋式トイレのリフォームにかかる費用は?

    まずは、和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合の費用について解説します。

    和式トイレのリフォーム費用の内訳

    和式トイレのリフォーム費用について見ていく前に、まずは内訳の詳細について確認しておきましょう。 費用に含まれる内訳は、主に下記の4つです。

    • ・便器本体の費用
    • ・周辺商品の費用
    • ・改築取付工事の費用
    • ・内装工事の費用

    リフォーム費用は、工事費用だけではなく「商品の費用」「本体の費用」などが含まれることも忘れてはいけません。 「便器本体と周辺商品」にかかる費用の相場は5~45万円程度、「改築取り付け工事」にかかる費用の相場は20~55万円程度、「内装工事」にかかる費用の相場は3~5万円程度です。 それぞれの具体的な工事内容によって、リフォーム費用が変動します。

    和式トイレのリフォーム費用

    和式トイレのリフォーム費用は、工事の規模や設備のグレードによって大きく異なります。 例えば設備のグレードをそこまで求めないのであれば、5万円程度でリフォームできますし、設備のグレードも内装もこだわりたい場合は50万円近くに及ぶこともあります。 とはいえ、一般的な機能性であれば、和式トイレのリフォームは5万~15万円程度で実施できる場合がほとんどです。

     

    和式から洋式へのリフォームにかかる工期は?

    和式トイレから洋式トイレへのリフォームにかかる工期は、工事内容などによって異なります。 事例別に、具体的な工期を見ていきましょう。

    便器の交換だけなら1日

    便器の交換だけであれば、半日~1日で工事は完了します。 また床材の変更などを含めても、1~2日程度で完結するため、あっという間に快適なトイレへと変更することができるのです。ただし、便器を交換する際に水洗の設置や配管工事などが必要になるため、工事の規模は洋式から洋式へ便器を交換する場合に比べ大きくなりがちです。工期が気になる方は、念のためリフォーム会社で確認しましょう。

    内装の変更も行う場合は2~3日

    便器を和式から洋式へ変更する際に、洋風の内装へ変更したくなるケースは少なくありません。内装まで変更する場合に必要な期間は、2~3日程度が目安とされています。

    クロスの貼り替えも視野に入れてリフォームする場合であっても、工期が長引くケースは少ないため、比較的短期間で工事を実施することができます。 ただし、「トイレの場所を変更する」「トイレを広くする」など、大掛かりな工事になる場合は、数週間の工期が必要となる場合もあるため注意してください。

     

    バリアフリー目的のリフォームなら補助金を活用

    バリアフリー目的のリフォームであれば、「補助金」の活用ができます。 実は、家族や入居者が介護の被保険者かつ、要支援1もしくは2、または要介護1~5に認定されている場合、補助金を利用することができるのです。 ただし、上限20万円で、費用の8~9割の補助となります。

     

    一般的な工事の流れと注意点

    続いて、和式トイレから洋式トイレへリフォームする工事の流れを解説します。

    ステップ1:和式便器を解体・撤去

    最初に和式便器を解体・撤去します。最初に便器を解体・撤去する理由は、ステップ2以降の作業をスムーズに進めるためです。

    ステップ2:配管工事

    次に、新しい便器にあわせて、配管を新設する工事や配管を移動する工事などを行います。

    ステップ3:電気工事

    新しい便器がシャワートイレなどの場合は、コンセントを増設する電気工事も必要になります。現在では、ほぼ必須の工事と考えてよいでしょう。

    ステップ4:大工工事・内装工事

    配管工事・電気工事を終えれば内装工事へと移りますが、和式トイレから洋式トイレへ変更する場合はその前に大工工事を行うことが少なくありません。和式トイレと洋式トイレでは室内の構造が異なるからです。洋式便器を設置するため、段差を解消して床をフラットにするなどの工事が必要になります。これらの工事を終えてから内装工事を行います。

    ステップ5:洋式便器の設置

    大工工事、内装工事の次に行うのが洋式便器の設置です。設置後は、クリーニングや点検を行ってから引き渡しとなります。

     

    和式トイレから洋式トイレへのリフォームなら「株式会社Cornus」におまかせ

    和式トイレのリフォームを検討している方は、ぜひ「株式会社Cornus」におまかせください。 株式会社Cornusは、和式トイレのリフォームをはじめ、住まいのあらゆる不便を解消するお手伝いをさせていただきます。 皆様に快適な生活をお届けできるよう、様々なリフォームプランを提案いたしますので、ぜひショールームへ足をお運びください。

コーナスからのお知らせ

コーナスからのお知らせ


青葉の森キッチンスタジオスケジュール