千葉県を中心にリフォームで家の理想の家づくりをしっかりサポート

ホームプロ表彰2019年度顧客優良会社
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • blog
TEL0120-53-5873
お問い合わせ
  • TOP
  • 工事箇所・広さ別の増築費用をケース別完全解説する
2020
06/09

工事箇所・広さ別の増築費用をケース別完全解説する

暮らしやすい住まいのために、増築リフォームを検討している方もいらっしゃるでしょう。増築といっても、1階か2階かでリフォーム工事の内容も変わり費用にも違いが生まれます。ここでは、増築費用についての考え方や箇所別の費用の目安、費用を抑えるポイントなどについて詳しく解説します。これから増築を計画している方はぜひ参考にしてください。

 

増築時の費用の考え方

床面積が今よりも増えるリフォームが増築リフォームです。どれくらい費用がかかるのか、とても気になるところですが、増築する広さや条件などによって費用が異なります。

 

  • 増築時の費用の目安について

増築といっても、1階で増築するのか、2階で増築するのかでは、リフォーム内容が大きく違ってきます。1階を増築すると、基礎工事から屋根まで一通り建築するための工程が必要になることが多く、費用もかかります。

 

2階を増築する場合は、1階の屋根の一部を壊して2階の床面を作ることになります。その場合、基礎工事は必要ありませんが、屋根を作り変えますので、費用もかかりやすくなります。増築する場所によって、工事の内容に違いがありますので、単に広さだけでは、費用を判断できない面があります。

 

  • 増築費用が高くなる場合と安くなる場合がある?

増築する部屋の種類によっては、費用が割高になることもあります。具体的には、増築する部屋がお風呂やトイレなど水回りである場合、部屋を作ることに加えて水道やガスなどの配管も必要になるため、一般的な部屋を作るよりは割高になることがあります。部屋の用途によって工事内容がかわり費用に違いがでてきます。

 

 増築場所別のリフォーム費用について

ここからは、増築する場所別にリフォーム費用の目安をご紹介していきましょう。

 

  • 簡易なベランダやバルコニーの増築費用

ベランダやバルコニーの増築は、意外と多く取り扱われる工事です。増築する方法にもよりますが、費用の目安としては、30万円~50万円です。

 

ベランダやバルコニーは、既存の建物にはあまり手を掛けることなく、独立して取り付けることもできるため、増築費用としては抑えられています。工事期間としても短期間で施工することが可能でしょう。

 

  • トイレを増築する場合の費用

トイレの増築は、1階と2階のどちらに設置するかや、広さによっても費用は変わりますが、目安としては110~200万円ほどになります。

 

トイレの場合、新たに配管が必要になったり、1階の場合は基礎工事も必要になります。2階に設置する場合も、配管は必要になりますので、1階の一部の天井を壊すこともあります。

 

増築費用を少しでも安くするために出来ること

今よりも便利な暮らしになるために増築するとはいっても、できるだけ費用を抑えたい方は多いでしょう。増築費用を削減するポイントについてご紹介します。

 

  • 適切な業者を選ぶ

増築は、実は施工するリフォーム会社によって費用がかわります。それぞれの会社で工事のやり方に違いがあるというここや、自社で工事をするか外注するかでも変わります。リフォームは新築よりも、現場での対応力が求められます。経験豊富で適切な価格設定をしているリフォーム会社を選びましょう。

 

  • 相見積もり

増築リフォーム費用を削減するには、複数の会社から見積もりをとり、比較することが有効です。相見積もりしていることをリフォーム会社に伝えることで、ある程度は値引きを考慮した見積もり提示が期待できますし、より質の高い増築リフォームの提案を提示してもらえるかもしれません。

 

  • 他のリフォームと並行して行う

増築のときに、他の箇所のリフォームも一緒に依頼することで、別々にリフォームするよりも総合的に安くできる可能性があります。また、同じ時期にまとめることで、ある程度は不便になる工事期間も一度で済みます。

 

増築は、限られた予算の中でどれくらいバランスよくリフォームできるかが重要です。あとで後悔することがないように、リフォーム会社の選定もしっかり検討して取り組んでみてはいかがでしょうか。

Cornusからの
お知らせ
Information

本店・青葉の森・
市川店 お知らせ

もっと見る