千葉県を中心にリフォームで家の理想の家づくりをしっかりサポート

ホームプロ表彰2019年度顧客優良会社
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • blog
TEL0120-53-5873
お問い合わせ
  • TOP
  • 対面キッチンのリフォーム費用はどのくらいかかる?費用の内訳も解説
2020
06/09

対面キッチンのリフォーム費用はどのくらいかかる?費用の内訳も解説

対面キッチンのリフォームを考えているけど、費用がどのくらいかかるのか目安がわからず、なかなかリフォームを進められない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、キッチンリフォームを検討している方に、費用相場やリフォームの種類、費用の内訳などについてご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

 

対面キッチンのリフォームする費用の相場

対面キッチンのリフォーム費用相場は、キッチン本体のグレードやリフォームの種類にもよりますが、おおよそ50万円~200万円ほどが目安になります。

キッチン本体は、グレードの高いものなら100万円を超えるものもあり、キッチンのグレードが費用に与える影響も大きいといえます。また、キッチンをどのように配置するかリフォームの種類などによっても手を掛ける範囲がかわりますので、費用にも影響します。

 

対面キッチンのリフォームと種類

キッチンの種類や、リフォームの仕方にはどのようなバリエーションがあるでしょうか。

それぞれを詳しくご紹介していきましょう。

 

I型キッチン

I型キッチンとは、最もスタンダードなキッチンの形で、シンクから作業スペース、調理機器まで横一列に並んでいます。

キッチン本体の費用としては、比較的お手頃な価格帯もあります。以前は壁に向かって設置することが多かったですが、最近はI型キッチンを対面式で設置する例が多く見受けられます。I型キッチンを対面式にリフォームするときは、リビング・ダイニング側に手元隠しの壁を立ち上げるケースが多いでしょう。

 

L型キッチン

L型キッチンとは、文字通り「L字型」に配置されたキッチンです。

キッチンの作業スペースが広く確保できる点が大きなメリットです。L型キッチンを対面式にするときは、コンロエリアを壁側にすることが多いでしょう。キッチン全体のスペースを広く確保する必要がある点に注意が必要です。コーナーになる部分がデッドスペースにならないように、有効活用する工夫をしたいですね。

 

アイランドキッチン

アイランドキッチンは、「アイランド=島」を意味しており、キッチンの両側に通路を設けて設置するスタイルです。

空間に「ポンと置く」イメージです。キッチンがひとつの家具のように配置されますので、開放感のある空間が作りやすい点が特徴です。開放的な分、臭いや音の対処法も必要になります。

 

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンとは、コンロ側だけが壁に設置されるキッチンスタイルです。

開放感としてはアイランドキッチンに似ていますが、使い勝手はI型キッチンに近いかもしれません。フード前に壁がないため、臭いなどの対処が必要になります。

 

セパレート型キッチン

セパレート型キッチンは、二型キッチンともいわれ、壁に設置するコンロ部分と、対面式になるシンク部分が分れているキッチンスタイルです。

前と後ろにキッチンがあることになります。セパレート型キッチンは、作業スペースが広く、大人数で家事をすることに向いていますので、料理好きな方に好まれることが多いかもしれません。キッチン本体の価格としては割高な傾向があります。

 

対面キッチンリフォーム費用の内訳

最後に、対面キッチンのリフォーム費用は、どのような内訳になっているか解説していきましょう。

キッチンリフォームの費用相場については、上述でご紹介しましたが、費用の内訳は次のような項目になります。

・キッチンの撤去費 ・キッチン本体 ・キッチン囲い(対面)の造作費 ・キッチン設置の設備工事 ・その他、壁面や床面の補修費

キッチンの入れ替えなら、既存のキッチンの撤去も必要になりますし、リフォームで手を掛ける範囲によって、費用の内訳なども変わります。キッチン本体と施工費を含めて予算を検討することをおすすめします。

キッチンは、毎日何度も使う場所です。使い勝手の良い悪いで家事の効率もかわり、負担も大きくなってしまいます。機能的で使いやすく住まいに合うキッチンスタイルをぜひリフォームで実現させてください。キッチンリフォームのことなら、どんな小さなことでも気軽にお問い合わせください。

Cornusからの
お知らせ
Information

本店・青葉の森・
市川店 お知らせ

もっと見る