千葉県を中心にリフォームで家の理想の家づくりをしっかりサポート

ホームプロ表彰2019年度顧客優良会社
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • blog
TEL0120-53-5873
お問い合わせ
  • TOP
  • リノベーションとリフォームの違いは?それぞれのメリット・デメリットも解説
2021
05/19

リノベーションとリフォームの違いは?それぞれのメリット・デメリットも解説

住宅の劣化や不便さなどが気になり始めたとき、検討するのが「リノベーション」もしくは「リフォーム」でしょう。 しかし、それぞれの違いがよく分からず、どちらを選べばいいのか分からないといった方も少なくありません。 そこで、今回はリノベーションとリフォームの違いを詳しく解説していきます。

リノベーションとは?

リノベーションとは、すでにある設備をより良くする工事を意味します。例えば、間仕切りを広くしたり、既存のキッチンを最新型へと変更する工事はリノベーションに該当します。 リノベーションは、比較的安価に実施できるのが最大のメリットです。実際、リノベーションは「見た目を良くするため」「使い勝手を改善するため」として、選ぶことが多い傾向にあります。つまり、大規模なリノベーションを選ぶケースは少ないのです。 しかし、一方で状況によっては追加工事が必要となり、結果的に高額な費用が必要となる場合があります。

リフォームとは?

リフォームとは、劣化や老朽化、故障した部分を新たに工事して、元の状態に戻すことを指します。 例えば、経年劣化でボロボロになってしまった水回りを工事する場合は、リフォームに概要します。基本的にリフォームは、修復の意味合いが強いため、極端に高額な工事費用がかかることはありません。劣化具合によっては、手頃な価格で住むことも多いです。 しかし、劣化状況が深刻であったり、建物の維持が難しいほどの故障が見られる場合は、大規模なリフォームが必要。状況に応じた計画が、建物・設備を守るといっても過言ではありません。そのため、慎重に計画する必要があります。

リノベーションとリフォームの違いを正しく知ろう

今回ご紹介した通り、リノベーションとリフォームの違いは大きいです。リノベーションは「既存の設備をさらに良くする」である一方、リフォームは「劣化した部分を修復する」であり、それぞれは根本的に異なります。 現在、住宅に不満を抱えている方や、設備を新しくしたいと考えている方は、リフォームとリノベーションのどちらが適しているのかを慎重に判断することが大切です。 ぜひ、本ページを参考にしながら、お客様に合った計画を立ててみてください。

Cornusからの
お知らせ
Information

本店・青葉の森・
市川店 お知らせ

もっと見る