• 会社概要
  • お電話でのお問合わせは 0120-53-5873
  • ホームプロ表彰2019
  • スタッフ募集 詳細を見る

  • リフォームと建て替えの違いは?それぞれの特徴について

    2021
    04/22
    「リフォームと建て替えなら、どちらが良いのだろう」と悩む方は非常に多いです。 それぞれ施工には違いがあるため、明確に理解したうえで、家族に合った選択をしなければなりません。 そこで、今回はリフォームと建て替えの違いや、どちらを選べばいいのか、などについてご紹介します。

    リフォームとは何か?

    リフォームとは、既存の住宅の一部を改修することを指します。 例えば、洋室やキッチンなど特定の設備を施工する場合は、リフォームに該当するのです。 また、リフォームは大きく「部分リフォーム」と「スケルトンリフォーム」に分けられます。部分リフォームは上記の通り「住宅の一部を改修すること」であり、スケルトンリフォームは、「基礎部分のみを残して大規模な工事を行うこと」です。 住宅の年数や、希望の完成イメージなどで適切なリフォームの種類は異なります。

    建て替えとは何か?

    建て替えとは、まったく新しく建て直すことを指します。 リフォームとは異なり、基礎部分を残すこともありません。一旦すべてを取り壊し、新たに住宅を建てていきます。 工事の自由度が高いため、基礎部分に影響されることなく、間取りを新しくしたり、断熱加工や使用素材なども自由に指定できるのが魅力です。 建て替えを選ぶケースとしては「建物が古い」「間取りを一から考え直したい」などが多い傾向にあります。

    リフォームと建て替えはどちらの方が良いのか?

    リフォームと建て替えのどちらを選ぶべきかは、多くの方が悩むポイントですが、結論からいうと「希望により異なる」といえます。 「不具合を起こしている場所のみ工事をしたい」「出費をおさえたい」という場合は、比較的施工規模の小さいリフォームが適しているでしょう。逆に「一から住宅を作り直したい」など、大きな工事を希望するなら、建て替えがおすすめです。 また、同居の予定や子供が増える可能性など、今後のライフスタイルの変化も視野に入れたうえで、リフォーム・建て替えを検討することも大切です。

    リフォーム・建て替えは慎重に検討を

    リフォームも建て替えも、住宅の工事を意味します。しかし、規模や工事内容には大きな違いがあるため、あらかじめ把握したうえで慎重に検討しなければなりません。 ぜひ、本ページを参考にしながら、リフォームと建て替えのどちらを選ぶべきか考えてみてください。

コーナスからのお知らせ

コーナスからのお知らせ


青葉の森キッチンスタジオスケジュール