• 会社概要
  • お電話でのお問合わせは 0120-53-5873
  • ホームプロ表彰2019
  • スタッフ募集 詳細を見る

  • レンジフードとは?換気扇との違いやデザイン、種類について

    2020
    11/25

    レンジフードとは何か、といった点は多くの方の疑問です。

    かつて日本では「換気扇」が主流でしたが、近年はデザイン性の高さや性能、住宅環境などの面からレンジフードが取り入れられるようになりました。

    そこで、今回はレンジフードとは何かを詳しくご紹介します。

     

    レンジフードとは?換気扇との違い

     

    レンジフードとは、ダクトで空気を外へと排出する設備のことです。そのため、換気扇のように屋外に面する壁以外にも取り付けることができます。

    また、換気扇とは異なり、レンジフードのファンは「筒状で縦長の羽」であるため、運転音が小さいのが特徴です。

     

    レンジフードのデザインについて

     

    レンジフードは、大きく「スリム型」と「ブーツ型」の2種類のデザインがあります。

    スリム型は溝やつなぎ目が少なく、表面がフラットな形状です。一方ブーツ型は調理時に発生する煙を多く集めて排出する点に優れていて、一般的に広く普及しています。

     

    レンジフードのファンの種類

     

    レンジフードのファンには「シロッコファン」と「プロペラファン」の2種類があります。

    それぞれの特徴について見ていきましょう。

     

    シロッコファン

     

    シロッコファンとは、円筒状の細かな羽が取り付けられたファンのことです。素早く回転し、調理時に発生する煙を集めて、ダクトを通って排出します。

    そのうえ、空気を排出する力が強いことから、外の強風に影響されにくいといったメリットがあります。

     

    プロペラファン

     

    プロペラファンとは、主に換気扇で使用されているような、「扇風機」に似た形状をしたファンです。

    ダクトを設けないタイプのファンであり、基本的に直接屋外へと空気を排出します。安価なタイプではありますが、屋外に面する壁にしか取り付けることができません。

     

    その他、レンジフードパーツの用語

     

    レンジフードには「整流板」と呼ばれるパーツがあります。油や煙を効率よく吸引して排出するのが特徴です。

    他にも「幕板」と呼ばれる、デザイン性に配慮したパーツも存在します。ダクトやファンを隠すためのパーツであり、主にレンジフードの全面に設置します。

     

    レンジフードのことなら「Cornus」にご相談ください

     

    今回はレンジフードとは何か、についてご紹介しました。

    レンジフードのリフォームは、専門用語や分からない専門知識が多く、いざ計画を立てても不安を感じてしまうものです。

    Cornusでは、リフォームの不安を抱えている方に向けて時間をかけて説明・アドバイスを行っています。ぜひ、お気軽にCornusへご相談ください。

コーナスからのお知らせ

コーナスからのお知らせ


青葉の森キッチンスタジオスケジュール