• 会社概要
  • お電話でのお問合わせは 0120-53-5873
  • ホームプロ表彰2019
  • スタッフ募集 詳細を見る

  • 洗面所のリフォーム前にチェック!床材の種類や特徴、おすすめについて

    2021
    03/15

    洗面所をリフォームするにあたり「どんな床材を選べばいいのだろう」と悩んでいる方は多いでしょう。

    洗面所に適さない床材を選んでしまうと、すぐに劣化してしまったり、汚れや傷が目立つなどの問題が発生します。

    そこで、今回は洗面所リフォームにおける床材の種類やそれぞれの特徴、おすすめの床材をご紹介します。

     

    洗面所リフォームで選べる床材の種類と特徴

     

    まずは洗面所をリフォームする際、選べる床材の種類と特徴をご紹介します。

     

    フロアシート

     

    数ある床材の中でも最も安価な素材です。水に強いといった性質がありますので、洗面所のほかキッチンやトイレなどの場所にも使用できます。

     

    フロアタイル

     

    ビニール素材ですので、水や湿気に強いといった特徴があります。また、フロアシートとは異なり、「タイル状」のデザインですので、高級感のある仕上がりです。

    また、陶器素材のタイルのように欠けや割れなどの心配がありません。

     

    シートフローリング

     

    木目などをプリントしたシートを貼り付けた合板素材です。本物の木材とは異なり、水分の影響を受けにくく、洗面所で使用しても劣化の心配がありません。

    また、本物と区別がつきにくい素材感ですので、本物同様の雰囲気を感じられます。

     

    ボロン

     

    ビニール素材の織物がベースとなった床材です。水に強いだけではなく耐久性も高いのが特徴。傷やほつれ、破けなどが生じにくく、長く綺麗な状態を保つことができます。

    また、なめらかな肌触りですので、洗面所での時間が快適になります。

     

    洗面所リフォームでおすすめの床材

     

    洗面所リフォームで床材選びに悩んだら、以下の基準で素材を選んでみてください。

     

    ・価格重視ならフロアシート

    ・耐久性重視ならボロン

    ・おしゃれな雰囲気重視ならシートフローリング

     

    おすすめできる床材は、希望によって大きく異なります。まずは「どんな洗面所にしたいのか」「何を優先したいのか」などを明確にしたうえで、上記のポイントと照らし合わせてみてください。

     

    洗面所をリフォームするなら「床材」にこだわろう

     

    洗面所をリフォームするなら、ぜひ「床材」にこだわりませんか?

    床材は最も人が多く触れる場所だからこそ、妥協せずに慎重に選んでいただきたいです。

    ぜひ、洗面所のリフォームを検討している方は、本ページを参考にしながら家族に合った素材を見つけてみてください。

コーナスからのお知らせ

コーナスからのお知らせ


青葉の森キッチンスタジオスケジュール